健康や美容効果は普段の生活で変える~ダイエットの極意~

治療方法を把握する

リウマチによって引き起こされる症状

リウマチとは、関節やその周囲の骨、筋肉などに痛みが起きる病気のことです。その原因は、体内の白血球が関節を敵とみなして攻撃することで発症します。このリウマチの特徴は、非常に女性に多いということです。リウマチの患者のうち、約八十パーセント以上が女性といわれています。病気を発症しやすい年齢は、一般的に30歳から60歳代といわれています。まだまだ働き盛りの年齢であるため、患者にとって辛い思いをすることになります。 リウマチの初期症状は、身体がだるい、微熱、食欲不振、体重の減少など関節に関係ない症状です。なので、最初はほとんどの方が、過労やストレスのせいと勘違いしやすいです。しかし、病気が進行すると、全身の関節が腫れて痛み、特に手指がこわばります。さらに、関節の炎症が慢性化すると、まわりの軟骨や骨を少しずつ破壊していきます。

効果があるとされる治療方法とは

リウマチには、いくつかの効果的な治療方法があります。まず、最初に行われるのが薬物療法です。薬物療法では、関節の炎症や痛みを抑える薬、病気の進行を食い止める薬などが処方されます。この薬物療法で、ほとんどの場合、治療が行えます。 リウマチなどの症状には、グルコサミンやコンドロイチンなどの成分が有効ですのでサプリメントで摂取するのも一つの手です。上記のような薬物療法の他にも、合わせてリハビリテーションが行われます。リハビリテーションでは、運動療法、作業療法、補助具を使った療法などいろいろあります。リハビリには、ストレスを抑えて免疫力を高め、関節が固まるのを予防する効果があります。上手く組み合わせて、体の機能を回復していきます。 また、症状がひどい場合は、治療で手術を行うこともあります。治療では、基本的に変形した関節を除去することになります。手術は、十分に経験を積んだ専門の整形外科医に依頼するのが大切です。